ヴィジュアル系から学ぶべきこと(4)

これまでV系を選ぶメリットを中心に話してきましたが、デメリットもないわけではありません。

それが音楽性を指す言葉でないということは、逆に言えばどんな音楽であってもV系という枠組みの中で語られてしまうというリスクでもあるわけです。そしてご存知の通り、非V系のミュージシャンや音楽ファンにとって、V系とはしばしば蔑称でもあります(若い世代ではそこに伴う差別感情はだいぶ解消されてきた感もありますが)。

アンチV系にとってV系という言葉には「ゴミみたいな音楽を演出の力だけで売っている連中」という偏見が多分に含まれているようです。そして必ずしもそれは根拠のない偏見と言えないことが、アンチV系が持つ嫌悪感の根源にあると僕は考えます。

つまり「主要顧客であるバンギャの多くは、音楽にこだわりがない」ことです。これは実際バンギャをやっている知人にそう宣言されたこともあり、僕自身はこれを事実として受け取っています。

とはいえ反論もあるでしょう。V系の中でも売れるバンドと売れないバンドがあり、またその決め手は単に見た目の良し悪しとは限らないからです。全員フロントマンになれるような美形ばかり集めたバンドでも売れなかったケースは珍しくも何ともありません。V系の中でも売れるのは基本的に良い音楽をやっているバンドだ、だからファンが付くんだ、という意見は容易に想像できますし、それ自体は否定もしません。

しかしいくらV系が売れるといっても、音楽シーン全体の中ではあくまでごく一部の世界です。「まずV系である」という枠の中で音楽の良し悪しを選ぶということは、判断する上での母数が極めて少ないわけです。単純な算数の問題として「母数100の中から上位10を選べ」というのと「母数10000の中から10を選べ」というのでは、どちらがより上質な上位10を選び得るかは自明です。

バンギャが「V系も非V系も問わず聴き、同じぐらい良い音楽であればV系を好む」というような基準で選ぶ人ばかりであれば前述の偏見は誤解であると言えるのですが、残念ながら現在のところそうではないようです。なので良い音楽をやるが故に「V系の枠に括られたくない」と考えるミュージシャンも多いでしょう。売れ始めた頃のラルク・アン・シエルがV系として扱われるのを非常に嫌っていたことは象徴的だと思います。

しかしそれはチャンスでもあります。先程の例でいう「母数10000の中の10」がV系に入ってその売り方を徹底すれば、或いは音楽の力で圧勝出来るかもしれません。かつてのような「V系=歌謡ハードロック/メタル」な世界であれば音楽ジャンルをそこに合わせる必要がありましたが、既に何度も述べた通り現在のV系には音楽的な縛りが少ないのですから。

またそこで質の高い音楽を提供するミュージシャンが増えることで、バンギャの音楽リテラシーが高まれば言うことはありません。それはアイドル好きと並んでロイヤルティが高くかつ音楽に造詣の深い顧客を創造することになり、結果として理想的な市場を生み出すかもしれないからです。
さらに言えばV系は他のいわゆる邦ロックより遙かに欧米での認知度が高いため、日本の音楽業界を尻目に海外中心に活動してライブ収入で食う、というのも他ジャンルより遙かにハードルが低いように思われます。

とはいえ、僕は必ずしも「売れるためにはV系をやるべき」と考えているわけではありません。やはりV系ではやりづらい音楽、歌詞、ステージング等が存在するのですから、そういうものを曲げてまでV系に向かうのでは本末転倒でしょう。

すると「なぜ自分はV系をやらないのか、なぜ自分の音楽をV系では出来ないのか」を明確にし、自覚するのが重要になってきます。またこれまで述べてきた「V系の売れる理由」と、自分たちの表現とを対比する必要もあるでしょう。

つまり、「緻密な世界観」「世界観を補う、分かりやすくディフォルメされた人物造形」そして「それらと親和性の高い歌詞、楽曲」を、自分たちは持っているか? また持っていたとして、それはV系では出来ないものなのか? それらに需要はあるのか?と自問することです。

それら全てをクリア出来るなら、あとは顧客ロイヤルティの問題だけとなります。
こればっかりは正直、V系に対抗するのはかなり困難ですが、しかしV系全般に言えることとしてお客さんに対して非常に「マメ」です。
ライブ後積極的にお客さんに話しかけること、ブログやTwitter等に付いたコメントへの返事の仕方などを見るにつけ、おそらくV系は外見以上にそういうマメさが「モテて」いるのでしょう。このあたりは少なくとも女性を主要顧客と想定しているバンドであれば参考にしたほうがいいと思います。

さて放っておくとまだまだ書いてしまいそうなので、この件はこのあたりにしておきます。
要するに僕が言いたいのは「音楽の力で勝負したいのであれば、なおさら音楽以外の部分での負けをそのままにしておくべきではない」ということです。勝つためには敵を知らなければならないという当たり前のことです。

そんなわけでアンチV系の皆さん頑張ってください。
そしてV系の皆さんは音楽でアンチに負けないよう頑張ってください。

僕自身はV系シンパでもアンチでもなく、ただ良い音楽が盛り上がってくれればいいのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中