ライブハウスの未来

今回はボカロ/ニコ動が、アマチュア/インディミュージシャンの楽曲発表の場としてスタンダードとなった先に起こり得ることを考えていきます。

前回述べた通り、ニコ動では匿名ゆえに(その良し悪しは無論あるけれど)視聴者が率直な評価を躊躇わないため、楽曲、演奏ともに質が低ければ即座にダメ出しされることになります。ときにはかなり酷く中傷されることもあり得ますが、どうせ注目を浴びれば質の良し悪しに関わらず文句を言ってくる人たちは必ずいるのです。ここで批判を受け入れる、或いは受け流すことが出来ないようならどうせ先々耐えられなくなります。
一方で質が高ければ高評価を受け、口コミによって再生回数も伸びやすくなるでしょう。それが多くのミュージシャンによって幾度となく繰り返されれば、楽曲を発表する側のハードルは当然上がり、作曲者が発表前に楽曲を吟味する必要性が高まります。つまり発表される楽曲全体の質が底上げされるわけです。

日本のポップミュージックの歴史を鑑みるに、ここで逆に悪貨が良貨を駆逐してしまう危惧もないとは言えません。しかし以前に述べた通り、ニコ動界隈にはマニアックな音楽ファン(その中の少なくない割合が、僕の言う意味での「音楽好き」でもあります)もかなりの数がいるので、そこでの評価が一般層へ飛び火する可能性も充分あると僕は考えています。
結局のところ、優れた音楽が正当な評価を受けるには視聴者側のリテラシー向上が不可欠です。なのでミーハー層とマニア層が普通に共存しているニコ動という場が楽曲発表の機会としてスタンダードになることは、「マニア層がどんな音楽を良しとするのか」がミーハー層に対して可視化されるという意味でも有意義ではないでしょうか。
改めて言いますが、「良い音楽が増え、そしてその音楽がきちんと評価されること、さらにはそのサイクル自体がきちんと評価されること」が僕の望むことです。

正直これは自信があって言うわけではないのですが、ミーハー層であっても少なからず音楽に興味を持っている以上は、自分の聴く音楽やこれから聴こうとする音楽が良いものであって欲しいという欲求はあるはずだと思うのです。或いは単なる僕の願望かもしれませんが。
一方「分かる奴にだけ分かればいいんだ!」などと言ってこっそり活動するミュージシャンの気持ちも分からないわけではありませんが、聴く人が聴けば必ず評価されるという自信があるのなら、なおさらその「聴く人」が少しでも多くいそうな場所へと活動拠点を移すのが自然ではないかと思うのです。

それはさておき、先述したような状況が仮に一般化したとします。
すると曲は良いのに演奏や録音がダメなせいで高評価を受けられない人、また演奏なり録音なりは素晴らしいのに曲がイマイチなせいで評価の伸びない人、などがおそらく出てくるでしょう。
また日本人には一般的に、ミーハー層ほどテクニック指向、マニア層ほど音質指向になる傾向が見られるため、マニア向けの曲をダメな録音で制作したり、ミーハー向けの曲をダメな演奏で録音した場合、楽曲本来の良さに対して正当な評価がなされないケースがしばしばあると予想されます。そうなったときに、それぞれお互いの欠点を補完する形で作曲/演奏/録音を依頼することによって、単独では出来なかった良い音楽が生まれるかもしれません。

また個人的にはそれが新たなビジネスになる可能性は大いにあると思っています。以前「箱庭遊びとしての音楽シーン(2)」でも触れた「打ち込みの出来ないミュージシャンの楽曲をボカロ曲に落とし込むサービス」や、「凄腕のプレイヤーだけど音楽的野心を持っていない」社会人が趣味を兼ねた副業にする、というのは当然考えられる未来です。或いはそれをビジネスとして捉えることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、ここから音楽制作における新たな環境が生まれ、またそれが一般化する可能性は否定出来ないのではないでしょうか。

こうなればライブハウスの立ち位置も変わってきます。
優れた楽曲と演奏が増え、それが(視聴者にとって、という但し書きはつきますが)「良い音楽」であることがネット上で既に担保されているなら、ライブハウスもまた「ネット上で知られている良い音楽を生演奏する場」として役割を再定義することになるでしょう。
前回述べたように動画再生数がオーディション代わりとなれば、ミュージシャンがライブハウスの現場で玉石混淆の中からライブ回数を重ね、地道に集客を増やして這い上がるようなモデルは終わりを告げることになります。またメインの客層が「ネット上で楽曲を知った人たち」になるのですから、その人たちが視聴できるようニコ生もしくはUSTREAM環境は必須です。

また現場においては、快適な自宅でも観れるものを、観客の熱気なども含めてより臨場感のある環境で鑑賞するための場になるわけです。これは言ってみれば、音楽ライブを鑑賞することがスポーツ観戦のようなものにシフトすると考えるべきでしょう。TVでも観れる野球を、わざわざスタジアムに行って観るようなものです。そうなれば当然、音楽鑑賞の場として快適であることも必要でしょう。
なぜなら動画配信を行う以上、画面を通じて「この現場に足を運びたい」と視聴者が欲することが望ましいのです。薄汚い、おっかなびっくり入るようなライブハウス、演者にとって敷居が低く、お客さんにとって敷居が高いライブハウスの映像を配信したところでさほど動員が増えるとは思えません。むしろ楽曲やミュージシャンのタイプによっては逆効果にすらなり得ます。ゆえにハードコアなどを主に扱うごく一部を除いて、そのようなライブハウスは必然的に存在意義を失うことになるでしょう。

そして言うまでもなく、それは既に始まっています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中