初心者向けバンド講座(改訂版)-完結編

そろそろ、主にプロ志向へ向けた生臭い話をしようと思います。

繰り返し述べている通り、プロ志向を名乗る以上は金の話を避けることが出来ません。
というよりも、金の件を真剣に捉えないことを「なかなか売れないことの言い訳」として使っているバンドマンが大半なのが現状です。

ほとんどの人は金を目的に音楽をやっているわけではないとは思いますが、しかし前々回述べたように「金を払ってでも見たい(聴きたい)」からこそお客さんは何度も足を運んでくれる、繰り返し聴いてくれるわけです。

「金を取る」ということに対しある種の背徳感を持つ人が多いようですが、顧客満足に正当な対価を払うことは消費社会である以上当然です。それは決して搾取ではなく、金を受け取る側は作品の質に対し、また顧客はその享受に対し、それぞれ責任を取るということでしかありません。

なので見方を変えれば、いわゆる「嫌儲」は単に自分の作品に対して自信がない、責任を取りたくないことの裏返しであるとも言えます。もちろん社会制度への論点まで含めた思想哲学をもって嫌儲を貫くというならそれはそれで筋が通るわけですが、それはここで語るべきことではないので考えないこととします。

ではここから「金を取る」ことを前提とした話に入っていきます。
まず作詞・作曲のクレジットについてですが、作詞はともかく、作曲に関しては出来るだけ「バンド名義」にしたほうが良いと思います。全パートを一人で作って全て自分の言う通りメンバーに演奏させてるというならともかく、バンドの場合たいていは、メンバーそれぞれの意向が加わって初めて曲が完成するからです。

「アレンジはバンド名義にしてる」という人たちが多いと思いますが、これだと全メンバーが曲を書ける場合を除いて、印税が発生した際の収入に大きく差が生まれます。そして残念ながら、収入格差を理由に解散したバンドは数えきれないほどあるのです。

メインソングライターからしてみれば「おれが一番頑張って曲書いてるのに」と思うかもしれませんが、その言い分は「おれの印税収入のためにメンバーみんな協力してね、おこぼれぐらいあげるからさ」と言い換えることも出来るわけです。
どうしても自分ひとりで権利を持ちたいなら、メンバーを単なるサポートとして雇うことも視野に入れるべきと僕は考えてます。

納得いかない人も多いでしょう。しかしメンバーを苦労して探した頃、また思うように集客が伸びずステージで寂しい思いをした頃を思い出してください。みんなの協力でやっとバンドを始め、知恵を出し合い散々大変な思いをした末にようやく軌道に乗ったら「美味しいところ全部自分取り」では、メンバーが不愉快になるのは当たり前です。
お客さんとの関係において収入は「商品に対する顧客満足への対価」ですが、バンド内においては「苦労した思い出に対する対価」でもあるわけです。

そのソングライターがリーダーでもあり、圧巻の才能を持ち誰よりも努力し、ライブショウの見せ方も営業戦略も含めバンド内の全てをコントロールして「自分の力で売った」というならそれもまた正当な対価であると言えますが、正直そこまで強力なリーダーが滅多にいるとは僕には思えません。

もちろんメンバー全員で話し合った結果として、「作曲印税は作曲者に帰属する正当な権利」だと判断したなら僕がどうこう言うべきことではありません。とはいえこの件は売れてからモメるのは非常にみっともないので、プロ志向と決めているなら早めに話し合うことをオススメします。

なお作詞作曲をバンド名義にした場合に、そのバンドが解散後に新たに組んだバンド、或いはソロでその曲を使いたいという場合、著作権の所在や支払うあるいは貰うお金の勘定ってどうなるのか?という問題はもちろんあります。
この場合は解散後、本来の作曲者以外のメンバーに対し楽曲の諸権利を放棄する旨の契約をしてもらうことになるでしょう。
そこでメンバーがゴネて訴訟に発展したら非常に面倒なことになりますが、これは要するに活動中に金でモメるか解散後に金でモメるかの選択でしかないわけです。繰り返しになりますが、僕はせっかく売れてきたバンドが金でモメて解散するのは大変みっともないと考えてます。バンドは可能な限り全員が楽しく、不愉快にならないよう活動するべきだというのが僕の基本的な考え方です。
一方「権利は自分で持ちたいけど金の話でモメるのが嫌だから話し合いたくない」というのは単純にセコいのではないでしょうか。

バンドで音楽をやって生きていきたいということは多かれ少なかれ「カッコいいことをやって生きていきたい」ことでもあると思うので、生き方がみっともなくなるのは避けて欲しいものです。

何度でも言いますが、金の話をするのが嫌ならプロ志向を名乗るのをやめてください。プロ志向のバンドということは、そこから対価としての収入を得たいという意味が必ず含まれるので、金の話はせざるを得ないのです。バイトを探すときには仕事内容だけでなく時給や交通費を気にするのにバンドでは考えないというのは筋が通らないのですから。

さて次に、実践してるバンドも多いと思いますが、プロ/趣味志向を問わず長く続けるつもりのあるバンドは、メンバー全員でバンド貯金をしたほうが良いでしょう。音源やPV作り、Tシャツやステッカー等グッズ作りと、バンドを続けるにはいちいち金がかかります。

そして若いバンドマンで金に余裕のある人は少ないでしょうし、その中でも一人一人環境や事情は違うので、いざバンドとして金が必要になったときに全員がまとまった金額を即座に用意できるとは限らないからです。

その必要なときに持ち合わせがないからといって急遽借金し、返済のためにバイトを増やしてバンド活動のペースが乱れた、というのでは本末転倒です。一人月に1000円、2000円とかでもいいので協力してコツコツ貯めましょう。
バンド専用の口座を作るのでも金庫を用意するのでもいいですが、大事なのは「全員が中身を見れるようにしておく」ことです。帳簿は面倒でも必ずつけてください。たとえ少額でも金でモメるとケンカになりやすいので、メンバーを信用してるならなおさら可視化しておきましょう。

もちろんライブのギャラや物販の売上もこの貯金に入れます。音楽で食うまでには至らなくても、活動費用ぐらいはバンドからの収入で賄えるようにしたいものです。個人的には、大っぴらにプロ志向を名乗るならそこまではクリアして欲しいと思っています。つまりプロ志向のバンドにとってはここが最初に目標とすべき地点ということになります。

さらに踏み込むと、音源やPV制作などのスケジュールもバンド貯金との兼ね合いで決めていったほうが良いでしょう。メンバー誰かに無理を強いた結果、日常生活に支障をきたしての脱退や解散を避けるためです。
メンボでよく「バンド中心に活動できる人募集」というのを見かけますが、バンドに時間も労力も集中しすぎて家で気持ちよく音楽聴く時間も取れない、というのでは結局バンドも成長しません。もちろん、時間を作るために睡眠を削りすぎて身体を壊した、なんていうのは問題外です。

なので、個人個人の生活とバンド活動のバランスを取るためにもバンド貯金は必須だと思ってください。以前にも書きましたが、売れる見込みも立っていないバンドで楽しさより苦労のほうが大きくなったら終わりなのです。

なお権利関係などを自分たちで全て管理するのは負担が大きすぎるというなら、このようなサービスを利用する手もあります。 【ミュージック・クリエイターズ・エージェント】カウンセリングは無料ということなので興味ある人はどうぞ。

こういうサービスの需要は、今後メジャーレコード会社の凋落が進むにつれてどんどん高まっていくでしょう。個人的に現在の音楽業界の状況は歓迎すべきものと思っています。だからこそ尚更、音楽に自信のある人ほど、安心して活動する為のマネジメントをないがしろにして欲しくないのです。

さて金の話に関連して、営業・広報活動についても述べようと思います。良い音楽さえやっていれば勝手に誰かが見つけてくれるということはまず無いと思って間違いないので、知らない人たちに自分たちのバンドについて知ってもらう方法を考えなければなりません。

まず出会った人にすぐ渡せるように、バンドのステッカーと、出来ればバンド名と試聴URLの入った名刺をメンバー全員が持ちましょう。「名刺 格安」とかでググれば安く作れる業者がたくさん出てくるはずです。デザインのできるメンバーがいるなら自分たちで作ってしまう手もあります。

これらは100枚配って1人が興味を持ってくれればいい、ぐらいのつもりでとにかくバラまきましょう。職場の同僚、友人、誘われた飲み会などなんでも構いません。「畑違いの人に配ってもしょうがないし」とかこの段階では考えないでください。まず存在を、自分がバンドをやっているのを知ってもらわないことには何も始まらないのです。

それからフライヤーです。これにはライブ予定と試聴URLの他に、バンドの簡単な紹介文やキャッチコピーなどを入れます。どんなバンドかも分からないのに知らない人が興味を持ってくれることはあり得ないからです。

なおメンボ作りの段階でも述べましたが、まともな文章が書けないことには言葉で何も伝えることが出来ません。なので最低1人は充分な国語力を持つメンバーが欲しいものです。もし1人もいなくて、かつ国語の勉強もしたくないというなら文章専門のスタッフを雇うことも検討してください。

フライヤーは練習スタジオの掲示板に貼ったり、ライブハウスの折り込みチラシとして使います。とはいえこれを見てライブに来たり試聴してくれる人は、基本的にいないと思ってください。
「こういう名前の、そしておそらくこういうジャンルの、バンドが存在する」ということを知ってもらうだけで充分です。
「これ見て客が来るわけじゃないなら文章力関係無くね?」と思うかもしれませんが、ライブを観られもしない、音源試聴もされないうちに文章のまずさで悪印象を与えてしまったら、いずれ来てくれるかもしれないお客さんを知らないうちに逃していることになります。
「社会性の低さを音楽の力で克服したい」というのは確かにロマンですが、その音楽に触れてもらう前に否定されてしまったら元も子もありません。

口うるさいのは承知していますが、プロフィール文や歌詞も含め、バンドマンの国語力平均はギャルを笑えないぐらいにひどいと昔から僕は思っています。歌詞の件でも言いましたが、言葉で何かを伝える必要のある人は、まず本を読んでください。

ところで少し脇道に逸れますが、音楽に限らず日本の文化的成熟度が低い背景には「芸術家志望≒生活力のないダメ人間」との偏見を持たれがちな面があると思っています。そして事実バンドマンにはそういう人が多いので、そのやっている音楽がバンドマン以外の人からなかなか敬意を払われないのは当たり前です。

「いや作品が良ければ人間性は関係無いだろ」と思う人が多いでしょうし僕も本当は否定したくないのですが、事実として人間は、とりわけその大部分が権威主義者である日本人は「その作品が何であるか」より「誰がその作品を作ったか」を重視しがちなので、残念ながら関係無くはないのです。

本題に戻ります。ステッカーやフライヤーといった伝統的な方法以外にも、現在であればやはりSNSを活用したいものです。とはいえ既にmixiは死に体(V系や歌い手の人たちはまだまだ活用していますが)、リア充専用と揶揄されるFacebookは正直言って日本で定着すると思えないので、当面のところ僕はTwitterをメインに使うことを推奨します。
これにYouTubeやニコ動、Ustreamを導線を研究しながら戦略的に組み合わせ、まずはいかに試聴/動画サイトに人をつれてくるかを考えましょう。

もちろん余裕があるならFacebookにmixi、さらにはブログや身近な人向けにLineも使ったほうが良いのは間違いありません。

さて広告費に大金をかけられないアマチュアバンドマンにとって、最良の宣伝は口コミです。そしてTwitterというメディアは端的に言って可視化された口コミなので、これを使わない手はありません。
実際の手順としては、知人友人にバンドの褒めツイートをしてもらい、それをRTした後すかさず自分のバンドを宣伝。また音源リリースや自主企画の直後、その件について出来る限りの知人を動員し呟いてもらい、togetterにまとめて拡散するなど。ステマ上等。

また面白いことを言える自信があるなら、ネタツイートにバンド関連のURLを貼り付けるのも有効です。実際にこれで話題になり、まだ売れてないにも関わらず数千人のフォロワーを集めたバンドもいます。

なおこれらはバンドアカウントや自分のメインアカウントで全てをやると、あざとさの余りかえって反感を招く恐れもあるので「ほどほどに」宣伝する為の別アカウントを持つのが良いかもしれません。出来ればメンバー全員がメインアカウントと別に宣伝用アカウントを持ち、さらにTwitter専任スタッフを雇えれば万全でしょう。

またTwitter専任と限らず、広報・宣伝の全てをメンバーがやるのはかなりの労力を使うので、その為のスタッフを早めに探したほうが良いと思います。たとえ趣味志向であっても、自分たちの音楽を広く聴いて欲しい、ライブに来て欲しいと思うのであれば同様です。

ところでこれはプロ志向バンドへの話なのですが、ライブハウスで良く見かける光景として、それなりに動員数があろうとも、客層のほぼ全てが仲間のバンドマンであるという状況のうちは、まず売れる見込みがないと思ってください。
もちろん来ないより来たほうが良いに決まってるし助かるのですが、多かれ少なかれその背景には「お互いに助け合おう」という考えがあるので、純粋に好きであるという理由だけで来てくれるお客さんは、その場合ほぼいないも同然です。そして演者でないお客さんを巻き込めないバンドが売れることは原則としてありません。

理由は単純に、充分な収入が得られるほど売れた際には、そのお客さんの大部分が演者でないからです。良い曲、良いライブをやっていようとも、その魅力がバンドマンにしか分からないものであるうちは一般層を巻き込んで売れるはずがないのです。

なのでこれはかなり冷たい言い方かもしれませんが、ライブに来てくれる仲間のバンドマンは、バンドのお客さんではなく、互いの広報スタッフの一員である、ぐらいの認識でいたほうが妥当だと思います。ということを踏まえた上で、先述の宣伝戦略を互いに協力しながら行うのが良いでしょう。なお今更ながら言うと、お客さんがいなければ収入も発生しないので、金の管理と宣伝・広報は一体のようなものです。スケジュール管理と共に時期を決めての集客目標、さらには収入目標もバンドの活動計画に組み込むべきでしょう。目標に届かなかったならその都度話し合って行動を修正してください。

さてここまでで、初心者バンドマンに向けて言いたかったことはほとんど述べてしまいました。中には初心者にはピンと来ない話もあったと思いますが、いずれも出来る限り早いうちから知っておくべきことなので覚えておいてください。

最後に心構えの話をして終わろうと思います。初めに書いたように、「なぜ自分はバンドをやりたいのか」もっと言えば「なぜ自分はこの表現手段を選んだのか」を考えてください。すぐ答えが出なくても構いません。また答えがコロコロ変わっても問題ありません。
最初からそんなことを考える人はいないでしょうし、何事もなんとなく気になって始める、なりゆきで始める、模倣から始めるのが普通です。またかなりキャリアを積んでも何かしらの模倣であることは大いにあるし、せっかく人が苦労して作ってくれた道なのだからそれを踏襲するのは当然であるとも言えます。

「楽しそうだから始めた」そして「楽しいから続けてる」のは、それが惰性でないのなら大いに結構です。単なる模倣で終わりたくないのも、そのほうが楽しそうで、実際に楽しいからでしょう。逆にコピーに徹する人も、そのほうが楽しいからそうしているのでしょう。そこに優劣はなく、単に価値観の違いでしかありません。

しかしそもそも、バンドをやるより安上がりで労力も少ないエンタメは腐るほどあります。一人で音楽をやる方法だって幾つもあるし、音楽以外の自己表現手段もたくさんあります。なのでまだ自覚してなくても、言語化できなくても、バンドで音楽をやりたいなら、バンドでなければいけない理由が必ずあるのです。
なぜそれを考えるのが重要なのか、理由は二つあります。一つは、それが無いと「楽しくなくなった」ときに続ける理由がなくなってしまうことです。逆に言えば、その理由があるからこそ楽しいのです。当たり前のことですが、楽しめてるうちは理由を自覚してなくても楽しいでしょう。

一方で、バンドでなければならない理由を自覚していれば、そこに時間も金も労力もかけることを厭わないはずです。さらに賢い人ならば、その労力をも楽しいものに変える工夫をするでしょう。先述の「ネタツイートで大量のファンを集めたバンド」がその一例と言えます。

二つめの理由にいきます。主にオリジナルをやっている人たちの話になりますが、残念ながら現在は100%オリジナルの音楽なんて既に存在しないも同然です。
しかし自分の音楽そのものは模倣の集合体でしかなくとも「なぜその音楽が、その形でなければならないのか」を自覚し、それが音楽に宿っていれば、それは充分にオリジナルたり得ます。なぜならその音楽を成り立たせる価値観、哲学、信念は、他ならぬその人、そのバンド自身のものだからです。

そしてオリジナルというのは最早それ以外の形では(理解や共感を求めない実験音楽を除いて)ほとんど存在出来ないと言っても過言ではありません。どれほど手のこんだ優れた音楽、カッコいいバンドであろうとも、そういったものが反映されない音楽は、たいていの場合コピーと変わりないと思ってください(コピーに過ぎなくとも、それが単純に音楽として優れていることが重要だ、と考えるならそれも一つの信念でしょう)。

繰り返しますが理由は必ずあります。理由が変わっていく人もいるでしょうし、それを言語化するのに10年かかる人もいるでしょう。しかし絶対にあります。そしてそれは必要なものです。
なのでバンドを楽しいものとしてやり続けたい人は、音楽とともにそのことを考え続けてください。

以上でこの話を終えたいと思います。
広告

初心者向けバンド講座(改訂版)-完結編」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「歌う」ということ | ロックンロール哲学者のブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中